| ペントミノの楽しみ方 | 記録用紙をプリントする | ペントミノ問題集 |
ペントミノ 30の問題集
問題1
まずはケースの中に入れる組み合わせのうち、図のように2つのL字形にしきられているものを作ってください。
問題2〜4
ペントミノの駒はすべて正方形5個の集合体となっていますが、この正方形の一辺の単位を1とすると、ケースの大きさは6×10になります。しかし、このほかにもいろいろな形の長方形が作れます。

○3×20の長方形を作ってください(組み合わせ数は2通り)
○4×15の長方形を作ってください(組み合わせ数は368通り)
○5×12の長方形を作ってください(組み合わせ数は1,010通り)

問題5〜15
ケースからとり出して遊ぶ問題の中でも傑作といわれるものに、次のようなものがあります。12個の駒から3個をとりのぞき、残りの9駒で、とりのぞいた3個のうちのどれか1つの駒を拡大した形を作るものです。

各辺がの駒の3倍になる形を作る
問題16
12個の駒を6個ずつに分けたり、4個ずつに分けて、それぞれのグループで同じ形を作ることができます。図の形を作ってみてください。
問題17
これは12個の駒で最大の長方形(8×11)を作りつつ、最大の長方形の空間(4×7)を作ったものです。
問題18
3×21の長方形に1×1の空間が3つあいたもの。
問題19〜29
5×13の長方形を作りつつ、中央にそれぞれの駒の形の空間ができるようにします。

問題30
さて、いよいよ最後の問題です。おそらくこれはいちばんむずかしい問題となるでしょう。12個の駒をペントミノのケースに入れますが、全部の駒がケースのふちに接しているようにしてください。

| ペントミノの楽しみ方 | 記録用紙をプリントする | ペントミノ 問題集 |

Copyright 2003  Tenyo Co.,Ltd., all rights reserved.