魔法のメモパッド ※在庫切れ次第終了予定
¥1,540 税込(¥1,400 税抜)
  

世界のマジシャンも驚きの声を上げた新しいマジック。メモパッドに描いた絵の中に3枚のコインが溶け込むように消えていき、最後はメモをやぶいて相手に手渡します。新しく考案された特殊な機構のギミックによって、まるで魔法のように見える抜群の視覚効果が生まれました。ギミックはごく普通のメモパッドに装着して使用するので、自然にマジックを演じることができます。

  1. メモパッドに丸い穴の絵を描き、100円玉を押しあてると、穴に落ちてしまったかのように消えてしまいます。
  2. 線を描きたし、バケツの絵にします。別の100円玉を押しあてると、チャリンと音がして100円玉は消えてしまいます。
  3. 3枚目の100円玉も音とともに消え去ります。バケツの絵を描いたメモを破りとり、相手に手渡しますが、何の仕掛けもありません。

メモパッドは市販のものが使用できます。

考案:稲葉尚久

Flash ビデオファイル(約2.4MB)

開発ストーリー

「ど根性ガエル」というマンガがありました。Tシャツにプリントされているカエルの絵が、実際には生きていているという設定で、カエルが動いたり、しゃべったりします。開発スタッフの稲葉は、そんな現象が起こせないかと考えているうちに、絵の中にコインを入れ込んでしまうという現象を思いつき、このミステリアスなコイン消失マジックを考案しました。
マジックの発想には、原理や素材からスタートすることや、具体的な現象をイメージしてスタートすることもありますが、このように抽象的な概念から飛躍して独特の現象にたどりつくこともあります。それを実現するために、手法をあとから考えるわけです。そのようにして、まさに奇想天外な現象が生まれました。テンヨーの内部開発の製品では、初めてワールドグレイテストマジツクのシリーズに入りましたが、海外のコレクターからも納得という評価をいただきました。